2017年7月13日

Joytalkさん、「持ち帰り」も「仕事」ですよ

Joytalkは北日本で英会話教室や英語教師の派遣事業を行なっている会社である。この会社は「持ち帰り」という言葉の意味を理解していないように見受けられる。2017年6月14日、この会社でALTの統括と管理を行っているマネージャーが非常に重要な内容のメールをALT達に送った。それは「持ち帰りの仕事に関する連絡」というもので、その中には「研修として仕事を自宅に持ち帰って仕上げること」を要求する内容であった。ところが驚くことに、この持ち帰りの仕事に対していくら残業代が支払われるのかがこのメールには記載されていなかったのである。続きを読む

労組周辺動向 No.12 2017年6月30日現在

1. 進む日本の勤労者の「貧困化」
(1) 手取り額は20年間で月7万円近く減少
総理府統計局全国家計調査(2人以上の勤労者世帯)を1997年と2016年とで比較すると;続きを読む

もし追い出されそうになったら…

「そんなことは他人事だ」と思っておられたかも知れない。だが、あなたにも起こり得る。あなたの会社が理由もなしにあなたを解雇することを決めたとしたら。続きを読む

労働組合は「安い費用で雇える弁護士」ではない

日本の労働組合は、他の国の労働組合が持たない多くの権利を持っている。例えば、職場にいる組合員の数に関わりなく団体交渉を要求できる権利を持っていることもその一つである。続きを読む